靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スポンサード リンク」
カテゴリ スポンサー広告

セメンテッド製法のひと工夫

底部銀擦りセメンテッド製法とは、靴底を接着剤だけで貼り付ける製法です。
個人的には、セメンテッド製法の靴底は、遅かれ早かれいつかは剥がれてしまうものと思っています。
なので、少しでも剥がれ難く作る工夫が、同時に必要になってくるとも思っています。
「スポンサード リンク」

具体的には接着力を上げることがひとつ。「上げる」というのは正確ではありませんが、使用する接着剤の性能を、100パーセント引き出すということです。つまりは、用法を正しく守ること。

すくいもうひとつは、剥がれるキッカケ(可能性)を減らすこと。
僕が良く使う手は、斜め漉きした革テープを、(押し縁のように)底面全周に貼り付け、更に爪先部分だけ、すくい縫いをしてしまう方法です。
靴底が剥がれる時は、爪先からパックリ口を開くことが多いので、このキッカケを防止しておこうという魂胆です。

過去に何足か作りましたが、まだ剥がれたという話は聞いていないので、なかなか良いアイディアなんじゃないかと自負してます(^^ゞ

「スポンサード リンク」
カテゴリ 底付け作業

同じカテゴリの別記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。