靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スポンサード リンク」
カテゴリ スポンサー広告

内羽根式1-4: 月型 ・ 先芯

月型とは、ヒールカップを形成する踵部の芯材で、足の踵を底面からガッチリと咥え込む機能を持つ。一方先芯とは、爪先部の補強材で、爪先の保護、歩行の際の蹴り出し補助の機能を持つ。
「スポンサード リンク」

「月型(カウンター)」
月型

月型の材料は、ほとんど場合床革で、適宜厚みを調整し、漉きを入れて使用しますが、均一な厚みではなく、ヒールカップの強度と形状を考慮したものとなります。(画像下:漉き加工前/画像上:漉き加工後)
またその大きさは、踵を保持する範囲に対応し、例えばパンプスのように、ヒールカップ以外に踵を支えるものがないような場合では、月型を大きく取るということです。

月型種類

画像上から、月型・パンプス用月型・月型(大)。
材料屋さんでは↑こんな感じで売っていると思います。

「先芯」
今回も溶剤系の先芯を使用。
溶剤系の先芯の特徴は、溶剤(シンナー等)に浸すとクタッと柔らかくなり、そのまま成形が可能です。乾燥後硬化。
溶剤へ浸す際は、充分に浸透させる必要があり、浸透が弱いと硬化の度合いも弱くなります。
先芯
商品名:ダイヤシート、ギルフレックス等

ちなみに、月型同様に床革の先芯もあります。
先芯床革


「スポンサード リンク」
カテゴリ アッパー作成・釣込み

同じカテゴリの別記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。