靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スポンサード リンク」
カテゴリ スポンサー広告

靴 の 道具 と 使い方4 : 釣り込み の 道具 「 ワニ 」

ワニ

「ラスティングペンチ、通称ワニ」
靴作りの道具の中で、造形的に一番カッコ良いのがこの道具。
特に僕のは武装してあるので、なんとなく勇ましさを感じています。

はい、どうでも良いことです。
(^^ゞ
「スポンサード リンク」

ワニは釣り込みの時に使う道具ですが、その部位によって色々な用途を持っています。
wani2.jpg

(1)革を掴む。
(2)釘を打つ。
(3)革を引っ張る時のテコの支点。
   革を叩く。
(4)釘抜き。
なんとなくその形状から、(3)で釘を叩きたくなるかもしれませんが、ココは革を叩き、或いは革の上を滑らせたりもするので、あまり傷を付けたくないところです。
kakato.jpg

釣り込みの際は、木型の表面にシワを残さないのは言うまでもありませんが、底面においても、外周付近は出来るだけ平らにしておきたいところです。
釣り込んだだけでは消しきれない山は、叩いて潰す、叩いて山を移動させる、などして、出来るだけ釘の内側へ余分な革を寄せてしまいます。(実際は寄せてから釘を打つ)
後からウェルトや本底が付く際も、その方が綺麗に付きますよね?


ちなみにですが、日本の職人さんはコレ一本で済ませているようですが、ワニには結構な種類があります。
もっともワニと言う呼び方は、日本での俗称なので、正しくはラスティングペンチ、或いはピンサー(ピンツァーかな?pincer)と言いますが、釣り込む場所によって色々と使い分けているようです。
僕はこの辺の話は良く知らないので、ご存知の方がいらしたら、コメントしてくださいませ。

本日これにて。

「スポンサード リンク」
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

同じカテゴリの別記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。