靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

内羽根式1-2:アッパー組み立て

アッパーを組み立てる際に、僕が意識的に注意していることは、各パーツを出来るだけ立体的に上げておくと言うことです。
この辺はむしろ、型紙作成時の注意なのかもしれませんが、後の作業である釣り込みを出来るだけ容易に行うためにも、立体的にアッパーを組み立てておくことは大切だと思います。
「スポンサード リンク」

特に、靴の内側にシワが寄ってしまうことが多い人は、釣り込みの上手い下手だけではなく、この組み立てにも原因があるのかもしれません。
革は誰が引っ張っても、同じ分量しか縮みませんからねぇ。

というのは、かつての自分を振り返っての話で、特に手縫いでアッパーを組み立てていた頃には多発したトラブルでした。

どういうことかと言えば、2枚の革を平面で縫い合わせると、それを曲げた時には内側にシワが寄ります。当たり前ですねぇ。
シワが寄るということは、内側に革が余っているという状態であり、この余った部分が後々イタズラをしでかすんです。

なので、曲げて使う部分は、平面で組み立てて曲げるのではなく、曲がった状態のままで組み立てる。
ココがポイントになってくると思います。
特に手縫いの場合は、縫い穴を開ける際に、平面になりやすかったので、曲面の台の上で穴あけ作業をするようにしていました。
結果良好です。
mu2b.jpgmu2.jpg


また、パーツのみならず、パーツ同士の組み付けも、より立体になるように、木型を台にして貼り合せたりもします。
mu2c.jpg

ちょっとしたことなんですけどねぇ・・・大事です!

「スポンサード リンク」
カテゴリ アッパー作成・釣込み

同じカテゴリの別記事