靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スポンサード リンク」
カテゴリ スポンサー広告

靴 の 道具 と 使い方3:「 市切り 」と「 菊割 」

ikr.jpg

「市切り(いちきり)」
表革と裏革を縫い合わせた後、裏革の余分な部分を切り取る道具です。
余分な部分を「さらう」などと言ったりもしますし、型紙上ではこの部分を「さらいシロ」と言います。
用途としてはそれだけなので、とても地味な道具ですねぇ。
「スポンサード リンク」

市切りの仕立ては三角砥石を使います。三角砥石は油砥石なので、ミシン油や専用油をつけて研ぎます。


「使い方」
ik.jpg

先回の記事、谷カーブの折り込みに続きますが、刻みを入れて折り込んだ後、裏革と貼り合せ縫います。(画像1,2)
(3)さらう部分をしっかりと立て、同時に余分な接着剤があれば除去します。
(4)左手でさらう部分をつまみ(赤丸)、少し引っ張りながら市切りを押して進めます。


「菊割(きくわり)と鳩目(はとめ)」
d3kiku.jpg

菊割はハトメを取り付ける際に使用し、先端のキザキザ部分で鳩目の足を割るための道具です。

d3hato.jpg

(1)ハトメには表ハトメ(画像左)*1と裏ハトメ(画像右)があり、それぞれ取り付け方が微妙に異なります。
(2)菊割で足を叩き割ったところ。
(3左)割れたハトメの足を、革に喰い込むように製甲ハンマーで軽くたたきながら整形し、指で撫でても引っかかりがないくらいに仕上げます。
(3右)表も裏も平らになるように足を叩いて開きます。


*1:表ハトメ
一般的にはハトメと言えば、ここでいう表ハトメのことを言うと思います。
わざわざ表と表記したのは、裏ハトメに対して用いたためです。


ちなみに、下のような裏側にリングのあるハトメもありますが、僕の理解では、これは裏側の美観を整えるためのもので、革への喰い付きは、このリングがない方が優れているように思います。なので、僕は靴には使っておりません。
d3hatoring.jpg


裏ハトメ装着図と、市切り裁断面。
d3-1.jpg


「スポンサード リンク」
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

同じカテゴリの別記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。