靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スポンサード リンク」
カテゴリ スポンサー広告

外羽根式1-8: ヒール の 積み込み

bl0052s.jpg

「ヒールの積み込み」
踵面にヒールを適正の高さになるように積み込みます。
最初にも書きましたが、ヒールの高さというのは、既に木型が持っている情報のひとつなので、適当な枚数の革を積み上げれば良いというものではありません。
「スポンサード リンク」

ココまでの作業で、踵部底面は多くの場合凸状になっています。
凸状が強い場合は、もう一度ハチマキを巻くこともありますが、今回は一枚目の積み込み革を掘り、平らになるよう積み込みました。
一枚目だけでは吸収できない場合は、2枚目も同様にしていきます。
また、ヒールが高くなるほど、積み込み革の厚みを調整することも必要で、通常は側面から見てヒールの前方に薄くなるように削りながら積み込みます。
(革の層が、爪先を支点に放射線状になるように)

bl0055s.jpg

革の積み込みは、打ち込み錐で下穴を開け、ペースで固定していきます。
革を重ねるごとに、ペースの上にペースが来ないよう、打ち込む位置をずらしながら作業します。

最後にトップリフト(化粧革)を貼り付けますが、ココはペースではなく化粧釘を用います。
ペースの下穴は、ペースの長さ相当分開けますが、化粧釘の場合はキッカケ程度で良いので、1~2mm軽く打ち込み錐で穴を開けます。
また、化粧釘は最後まで打ち込まず、1mm弱頭を出しておいて、最後にヤスリを掛けて平らにします。

bl0058s.jpg

積み込みが終わった状態では、靴のぐらつきがなく、傾きがなく、ヒールの面が地面に対してぴったりくっ付いていなければなりません。
ただでさえ革底は滑るので、この辺りは慎重に。

「スポンサード リンク」
カテゴリ 底付け作業

同じカテゴリの別記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。