靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

銀ペンの代わりは鉛筆。

鉛筆銀ペンとは、裁縫で言うところのチャコペンのような役割を持ち、貼り合わせの位置を印したり、裁断線を描いたりする際に用います。
この銀ペンで描いた印は、使ったことのある人ならば、分かって下さると思いますが、必要な時にはいつの間にか消えていて、消えて欲しい時にはなかなか消えないという曲者だったりもします。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業