靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ スポンサー広告

内羽根式1-4: 月型 ・ 先芯

月型とは、ヒールカップを形成する踵部の芯材で、足の踵を底面からガッチリと咥え込む機能を持つ。一方先芯とは、爪先部の補強材で、爪先の保護、歩行の際の蹴り出し補助の機能を持つ。
スポンサーサイト
カテゴリ アッパー作成・釣込み

靴 の 道具 と 使い方4 : 釣り込み の 道具 「 ワニ 」

ワニ

「ラスティングペンチ、通称ワニ」
靴作りの道具の中で、造形的に一番カッコ良いのがこの道具。
特に僕のは武装してあるので、なんとなく勇ましさを感じています。

はい、どうでも良いことです。
(^^ゞ
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

内羽根式1-3: ウェルテッド 用 中底 作成

作業手順については、既に述べましたので、今回はその補足的内容です。

中底に使用する材料は、底付けの製法によって何種類かあります。
今回のようなウェルテッド用には、4~5ミリ厚のショルダーを使うことが多いと思いますが、中には床革を貼り合せたようなものや、紙のボードとヌメ革で作られたものなど、ウェルテッドには不向きな中底もありますので、はじめて購入する時には注意が必要です。
カテゴリ 底付け作業

内羽根式1-2:アッパー組み立て

アッパーを組み立てる際に、僕が意識的に注意していることは、各パーツを出来るだけ立体的に上げておくと言うことです。
この辺はむしろ、型紙作成時の注意なのかもしれませんが、後の作業である釣り込みを出来るだけ容易に行うためにも、立体的にアッパーを組み立てておくことは大切だと思います。
カテゴリ アッパー作成・釣込み

靴 の 道具 と 使い方3:「 市切り 」と「 菊割 」

ikr.jpg

「市切り(いちきり)」
表革と裏革を縫い合わせた後、裏革の余分な部分を切り取る道具です。
余分な部分を「さらう」などと言ったりもしますし、型紙上ではこの部分を「さらいシロ」と言います。
用途としてはそれだけなので、とても地味な道具ですねぇ。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と使い方2:折り込みと縫い割

先回の「革漉き」に続き、今回は折り込みと縫い割。綺麗な革漉きは綺麗な折り込みを導き、綺麗な折り込みは綺麗な組み立てへと繋がります。使用する道具は通称「ぽんぽん」、製甲ハンマーです。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方1: 革 の 裁断と 漉き

靴のアッパー(底より上の部分)を組み立てるにあたり、最低限必要と思われる道具と、その使い方のお話。

組み立ての流れを大雑把に言えば、
裁断→漉き→折込み→貼り合わせ→縫製
となるので、その順を追って説明したいと思います。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

内羽根式1-1:デザイン線の3つの注意

「くっせんノート(略しすぎ?)」第2足目は内羽根式紳士靴を、今回もまたウェルト式(複式シングル)にて作成します。

今回は道具の紹介なども交えながら、じっくりと進めていこうと思いますので、どうぞお付き合いくださいませ!

まず初めはデザイン線の描写。
カテゴリ アッパー作成・釣込み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。