靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

外羽根式1紳士靴完成



#0709M2/3
外羽根式プチウィングチップ(筆者造語)
アッパー:ミシン
底付:ハンドソーンウェルト(半カラス仕上げ)
表革:牛革(キップ):1.3mm
裏革:山羊革(キッド):0.8mm
LAST:1691/SIZE:25
カテゴリ 完成品

外羽根式1-9:仕上げ

bl0059s.jpg

「コバの整形」
最後のひと仕事はコバ(革の最断面)を整える作業です。
靴全体の印象に、かなりの部分で影響してくると思いますので、丁寧な作業が要求されるところでしょうか。
カテゴリ 底付け作業

外羽根式1-8: ヒール の 積み込み

bl0052s.jpg

「ヒールの積み込み」
踵面にヒールを適正の高さになるように積み込みます。
最初にも書きましたが、ヒールの高さというのは、既に木型が持っている情報のひとつなので、適当な枚数の革を積み上げれば良いというものではありません。
カテゴリ 底付け作業

外羽根式1-7:本底出し縫い

bl0044s.jpg

「本底加工」
ウェルト及びハチマキのコバを整え、靴底の形状を9割程度決めておきます。
中底の時と同様に、デザインテープを底面に貼り、底面型を作ります。
本底用の革を荒断ちします。
良く締まったベンズなのでとても硬いです。
包丁を良く砥ぐことをお勧めします。
カテゴリ 底付け作業

外羽根式1-6:ウェルト(押し縁)の掬い縫い

bl0027s.jpg

「ウェルト(押し縁)作成」
さて、いよいよ「ハンドソーンウェルト」な作業に入ります。
ココからは暫く力仕事が続きます。
カテゴリ 底付け作業

外羽根式1-5:釣り込み

bl0025s.jpg

「釣り込み」
乱暴に言うと、「釣り込み」とは、革を引っ張って木型に密着させる作業です。
しかしながら、「釣り込み」=「革を引っ張る」ではなく、正しくは、

「釣り込み」=「革を縮める」その為に「引っ張る」です。
カテゴリ アッパー作成・釣込み

外羽根式1-4:中底作成

bl0018s.jpg

「中底作成」
今回はハンドソーンウェルト製法(複式シングル)で底付けを行うため、中底に加工が必要です。
カテゴリ 底付け作業

外羽根式1-3:アッパー完成

bl0017s.jpg

「アッパー組み立て」
出来上がったパーツを縫い合わせ、アッパー(靴底から上の部分)を完成させる。
ブログの要領を得ず、組み立て途中の画像が少ないのですが、ハトメ部分と縫い割部分だけご紹介しておきます。
カテゴリ アッパー作成・釣込み