靴の作り方、靴の道具の使い方、靴制作のヒントなど、自分で靴を作りたい人向けのブログです。

靴 の 道具 と 使い方1: 革 の 裁断と 漉き

靴のアッパー(底より上の部分)を組み立てるにあたり、最低限必要と思われる道具と、その使い方のお話。

組み立ての流れを大雑把に言えば、
裁断→漉き→折込み→貼り合わせ→縫製
となるので、その順を追って説明したいと思います。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と使い方2:折り込みと縫い割

先回の「革漉き」に続き、今回は折り込みと縫い割。綺麗な革漉きは綺麗な折り込みを導き、綺麗な折り込みは綺麗な組み立てへと繋がります。使用する道具は通称「ぽんぽん」、製甲ハンマーです。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方3:「 市切り 」と「 菊割 」

ikr.jpg

「市切り(いちきり)」
表革と裏革を縫い合わせた後、裏革の余分な部分を切り取る道具です。
余分な部分を「さらう」などと言ったりもしますし、型紙上ではこの部分を「さらいシロ」と言います。
用途としてはそれだけなので、とても地味な道具ですねぇ。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方4 : 釣り込み の 道具 「 ワニ 」

ワニ

「ラスティングペンチ、通称ワニ」
靴作りの道具の中で、造形的に一番カッコ良いのがこの道具。
特に僕のは武装してあるので、なんとなく勇ましさを感じています。

はい、どうでも良いことです。
(^^ゞ
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方 5: 掬い縫い ・ だし縫い (前編)

錐など

工程:掬い縫い~出し縫い
道具:
(1)木ヤスリ
(2上)掬い錐(針)
(2下)出し錐(針)
(3)溝起こし
(4)溝堀(通称:ひょっとこ、ガリ)
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方 5: 掬い縫い ・ だし縫い (後編)

・・・昨日の続き。
中物を左右均一に詰め終えたら、本底を貼り合わせます。(詳細は過去の記事をご参照ください。)

先に縫い付けたウェルトと、本底を縫い合わせる作業を「出し縫い」といいますが、今回は出し縫いの準備から始めます。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴 の 道具 と 使い方 6: ヒールの積み込み

ヒールの取り付けについても、何通りかの方法があります。
代表的かつ王道?なのは、「積み込み革」+「ペース」を用いての成形でしょうか。
他にも鉄釘を使う場合や、出来合いのプラスティックやゴムのヒールを取り付ける場合、或いはレザーボードのような木材に似た硬質の物で成形する場合など様々です。

僕は特別な用途の靴を除き、一貫して、「積み込み革」+「ペース」派なので、今回もその方法で作業をしています。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業

靴の道具と使い方7:鏝(こて)前編

各種鏝
最後の仕上げは鏝かけです。
洋裁で言うアイロンがけ同様に、靴が姿勢正しく見えるか、或いはだらしなく見えるかは、この鏝かけの作業によるところが大きいと思います。また、見栄えだけではなく、機能的にも意味のある作業なので、丁寧に処理したいところです。
カテゴリ 靴作り の 道具 ・基本作業